東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

冠婚葬祭 > 葬送儀礼 > 行者や僧侶の死と葬儀
10 entries
チベット語
日本語
解説
གདོང་མཇལ།
gdong mjal
ᵞdoŋᵐdʑa
最期の謁見
ラマが亡くなった後、荼毘に付す前に遺体をきれいに拭いて僧衣を着せ、最期の謁見を行う。介助の僧が参拝者の頭にラマの手を置いて加持を与える。
གདོང་མཇལ་ལེན།
gdong mjal len
ᵞdoŋᵐdʑa len
གདོང་མཇལ་བླངས།
gdong mjal blangs
ᵞdoŋᵐdʑa ᵝlaŋ
最期の謁見に預かる, 最期の加持を受ける
ཐུགས་དམ།
thugs dam
tʰəɡtam 音
瞑想状態で亡くなること
結跏趺坐のまま倒れもせず肉体が腐りもしない状態で、人によっては20日以上そのままの姿が維持されることがある。
ཐུགས་དམ་ལ་བཞུགས།
thugs dam la bzhugs
tʰəɡtama ᵝʑəɡ 音
ཐུགས་དམ་ལ་བཞུགས།
thugs dam la bzhugs
tʰəɡtama ᵝʑəɡ 音
瞑想状態で亡くなること
ཐུགས་དམ་གྲོལ།
thugs dam grol
tʰəɡtama ʈu 音
ཐུགས་དམ་གྲོལ།
thugs dam grol
tʰəɡtama ʈu 音
仮死状態での瞑想を終える
この状態になるのを待って遺体の処理 རོ་ལས། に進む。あまりに長く続く場合には瞑想を成就させるため、耳元で名前を呼びながら金剛鈴を慣らすなどして瞑想の邪魔をし、終了させる方法がある。
མེ་དུར།
me dur
metər 音
火葬
燃料となる木材に乏しい牧畜地域では、火葬はもともと、高位の宗教者などごく限られた人々にのみ実施される葬送法であった。火葬後の遺骨は粘土と混ぜ合わせて聖遺物として崇拝されている。
དུར་ཐབ།
dur thab
tərtʰab
火葬炉
かまどを意味するཐབ།とだけ言うことが多い。
གདུང་།
gdung
ᵞdoŋ
[敬語] (行者や僧侶の)遺体; 遺骨; 遺灰
སྐུ་གདུང་།
sku gdung
ᶳkəᵞdoŋ 音
高僧の遺体・遺骨・遺灰
དམར་གདུང་།
dmar gdung
ᵞmarᵞdoŋ
[敬語] 高僧のミイラ