東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

宗教的行為 > 焚き上げ > 土地神供養の焚き上げ
12 entries
チベット語
日本語
解説
བསང་།
bsang
ᶲsaŋ 音
焚き上げ
供物を焚き上げて土地神に薫煙を捧げる。
བསང་མཆོད།
bsang mchod
ᶲsaŋᵐtɕʰol 音
焚き上げの儀礼
ནངས་བསང་།
nangs bsang
naŋᶲsaŋ 音
早朝の焚き上げ
གུང་བསང་།
gung bsang
koŋᶲsaŋ 音
昼間の焚き上げ
དགོང་བསང་།
dgong bsang
ʳɡoŋᶲsaŋ 音
夕方の焚き上げ
བསང་མེ།
bsang me
ᶲsaŋᵐȵe 音
焚き上げの火
བསང་མེ་སྒོང་།
bsang me sgong
ᶲsaŋᵐȵe ʳɡoŋ 音
བསང་མེ་བསྒོངས།
bsang me bsgongs
ᶲsaŋᵐȵei ʳɡoŋ 音
焚き上げのために火をつける
བསང་འཕུད།
bsang 'phud
ᶲsaŋ həl 音
བསང་ཕུད།
bsang phud
ᶲsaŋ həl 音
焚き上げをする
བསང་ཁྲི།
bsang khri
ᶲsaŋʈʰə 音
焚き上げ用の壇
土地神に捧げる焚き上げの壇はテントの背後に設置される。朝晩、身を清めた男たちが経文を唱えながら壇を右回りに回る。壇には火が焚かれ、煎り穀物を中心とした捧げ物、ビャクシンの枝、礼布カターを焚き上げ、御神酒やバター入りのお茶を撒く。町や農村などでは香炉台を設置していることが多い。
བསང་དུད།
bsang dud
ᶲsaŋtəl 音
焚き上げの煙