東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

搾乳と乳加工 > バター > バターの種類
10 entries
チベット語
日本語
解説
འབྲི་མར།
'bri mar
ⁿɖəmar 音
ヤクのバター
文字通りには「雌ヤクバター」。
མཛོ་མར།
mdzo mar
ᵐdzomar 音
ゾのバター
བ་མར།
ba mar
wamar 音
牛のバター
文字通りには「雌牛バター」。
ར་མར།
ra mar
ramar 音
山羊のバター
སྟོན་མར།
ston mar
ᶳtonmar 音
秋にとれるバター
バターは夏、秋、冬に作る。夏は最も生産量が多いが特に名前はない。文字通りには「秋のバター」。とりわけ美味であるとしてこの表現がある。
སྐྱ་རྫི།
skya rdzi
ᶳcaʳdzə 音
良質で新鮮なバター; (生乳を静置しておいて浮いてきた)クリームを攪拌して作るバター
特に農暦9-10月や春といった寒くて搾乳量が少ない時期に作る黄色い色をしたバターを指すことが多い。
ཟོ་མར།
zo mar
somar 音
伝統的な攪乳器で作ったバター
伝統的な製法による発酵バターを指す。文字通りには「桶バター」。
འཕྲུལ་འཁོར་མར།
'phrul 'khor mar
ⁿʈʰəlⁿkʰor mar 音
クリームセパレーターを使って作ったバター
文字通りには「機械バター」。
མར་རྙིང་།
mar rnying
marᵞȵaŋ 音
古いバター
作ってから1年以上が経過したバター。
སྤྲི་མར།
spri mar
ᶲʈəmar 音
初乳で作るバター
黄色味の強いバターになる。小さい桶 ཟེའུ་གོར། の中で作る。