東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

毛と皮革 > 皮なめし > ヤク革から作った紐
4 entries
チベット語
日本語
解説
འབྲེང་བ།
'breng ba
ⁿɖoŋwa 音
ヤク革の紐
家畜の係留索などに用いる。皮の中心から外側に向かって同心円状に切っていく。生皮を漬け込み処理し、なめしてから紐を作ることもあれば、生皮で紐状にしてから漬け込み処理をすることもある。雄ヤク皮からは7尋の長さの紐が8本、雌ヤク皮からは7尋の長さの紐が6本取れる。
འབྲེང་དཀྲིས།
'breng dkris
ⁿɖoŋˣci
ヤク革の紐の束
རྒྱུན་བུ།
rgyun bu
ʳɟənnə
ヤク革から作った細めの革紐
牧畜民が革靴 འབོབ་རས། を作るのに用いる。異綴としてརྒྱུན་ནུ།
འབྲེང་བ་མཉེད་མ།
'breng ba mnyed ma
ⁿɖoŋwa ᵐȵema 音
なめしたヤク革で作った紐