東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

家畜の個体管理 > 家畜の健康 > 疾患のあるヤク
3 entries
チベット語
日本語
解説
སྒལ་འཛིང་།
sgal 'dzing
ʳɡaⁿdzaŋ 音
[ヤク] 結合双生児として生まれてきた個体
妊娠中に状況を把握できた場合は出産時に専門家を呼んできてナイフで切り離し、母畜を生かすようにする。死んだ仔畜の肉は妊娠中の女性には与えないようにする。
སྨྱོན་པ།
smyon pa
ȵ̊onpa 音
特定の病状になった家畜; 正気を失った人
家畜の場合は群れについていけず、同じところをぐるぐる回ったり、草を食べなくなったりするような病状になった個体。開頭手術で患部を取り出すことで治療する。
མགར་མོ།
mgar mo
ᵐɡarmo 音
開頭手術を受けて治ったヤク
群れについていけず、同じところをぐるぐる回ったり、草を食べなくなったりするような病状になったヤク སྨྱོན་པ། に対し、開頭手術を施し、人間の目玉のようになった患部を取り出し、傷口を縫合した後、赤い布をかぶせて縫いつける。この手術を施して元気になったヤクを雌雄ともに表す。