東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

搾乳と乳加工 > チーズ > 圧縮チーズ
2 entries
チベット語
日本語
解説
མཉེན་ཆུར།
mnyen chur
ᵐȵentɕʰər 音
(乳酸発酵と加温凝固による)圧縮チーズ
非熟成乾燥チーズの一種。伝統的な製法では、生乳に少量の酸乳(生乳の1/3より少ない分量)を加えて攪拌してバターを取り出した後に残ったバターミルクに数日間溜め置きしたホエーを添加し、天日に当てて温かくしながら日中静置して乳酸発酵を進めた後に加温して凝固させ、布に入れて脱水し、そのまま置いて固める。1.5cm角に成形し、天日乾燥させる。肉の代わりとして料理に用いる。年に2、3回作るという。もう一つの製法としては、生乳に酸乳またはバターミルク、またはホエーを添加して作るものがあり、これは འོ་ཆུར། とも言う。
འོ་ཆུར།
'o chur
ʔotɕʰər 音
(乳酸発酵と加温凝固による)圧縮チーズ
生乳に酸乳またはバターミルク、または数日間溜め置きしたホエーを添加し、朝から日中にかけて天日に当て、温かい状態で静置、乳酸発酵を進め、加温凝固させ、脱水して固めたチーズ。མཉེན་ཆུར། の一種。