東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

新しい政策・技術・道具 > 新しい政策と活動 > 生態移民関連政策
9 entries
チベット語
日本語
解説
གནས་སྤོར།1
gnas spor
ᵞni ᶲsor 音
གནས་སྤོར།
gnas spor
ᵞni ᶲsor 音
移住する
གནས་སྤོར།2
gnas spor
ᵞniᶲpor 音
(生態移民プロジェクトによる)移住
འདུས་སྡོད།
'dus sdod
ⁿdiʳdol 音
(定住化プロジェクトによる)定住
དབུལ་སྐྱོར།
dbul skyor
ᵞwəlᶳcor 音
貧民救済
མཉམ་ལས་ཁང་།
mnyam las khang
ȵamlikʰaŋ
(1)人民公社 (2)合作社, 協同組合
(1)は改革開放以前に実施された集団化政策によって構築された共同生産単位を、(2)は2013年以降、貧困対策などを目的に新たに始められた集約型協同組合を指す。
ལག་རྩལ་ཟབ་སྦྱོང་།
lag rtsal zab sbyong
laɡᶳtsal sabʳdʑoŋ 音
職業訓練
定住した牧畜民のために政府が実施する生業転換を目的とした職業訓練。
གསར་སྤེལ།
gsar spel
ˣsarᶲpel 音
開発
ནུབ་རྒྱུད་གསར་སྤེལ་ཆེན་མོ།
nub rgyud gsar spel chen mo
nəbʳɟəl ˣsarᶲpel tɕʰenmo 音
西部大開発
ནུས་ཤུགས་ཐོན་ཁུངས་རྣམ་གྲངས།
nus shugs thon khungs rnam grangs
nixəɡ tʰonkʰoŋ ʳnamʈaŋ 音
国家の電化プロジェクト
青海省政府が国家予算の手当のもとで行う牧畜地域の電化プロジェクトで、「三江源生態保護和建設二期工程」の中の一項目。