東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

住文化 > かまど・ストーブ > かまど・ストーブの構造
25 entries
チベット語
日本語
解説
ཡར་སྒྱེད།
yar sgyed
jarʳɟel 音
かまどを二つに分けたときの上座側
中にかまど石が二つ入っている。
མར་སྒྱེད།
mar sgyed
marʳɟel 音
かまどを二つに分けたときの下座側
中にかまど石が一つ入っている。
ཨོང་ཁ།
ong kha
ʔoŋkʰa 音
かまどの奥の燃料糞置き場
ཨོང་སྐྱོར།
ong skyor
ʔoŋᶳcor 音
かまどの燃料糞置場を支える外板
ཨོང་ཤིང་།
ong shing
ʔoŋxaŋ 音
かまどの燃料糞置場を支える外板
ཨོང་ཉལ།
ong nyal
ʔoŋȵa 音
燃料糞をかまどの火口(ひぐち)まで流していくところ
སྒྱེད་པུ།
sgyed pu
ʳɟelpə 音
(中にかまど石を入れた)かまど
牧畜民の伝統的なかまどを指す。
སྒྱེད་པུ་གསུམ།
sgyed pu gsum
ʳɟelpə ˣsəm 音
三つのかまど石
奥に二つ、手前に一つ石を入れる。
ཐབ་རྡོ།
thab rdo
tʰabʳdo 音
かまど石
ཐབ་ཁུང་།
thab khung
tʰabkʰoŋ
かまどの火口(ひぐち), 焚口
かまどの火が出ている穴。その上に鍋ややかんなどを載せる。