東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

家畜の名称 > ヤク > 成畜に対するその他の名称
13 entries
チベット語
日本語
解説
བག་ཧ།
bag ha
waɡha 音
waɡha
[ヤク] 種雄, 種ヤク
2-3歳時点で去勢対象とならなかった雄の個体。種ヤクとして残される個体は体が大きく、母の乳量が多いことが基準となる。
ཨ་བདུ།
a bdu
ʔaᵝdə 音
[ヤク] 元種雄, 元種ヤク
種ヤクだった雄を5-7歳になってから去勢したものに対する呼称。現金収入に資するために売却されることもある。
བེའུ་མ།
be'u ma
wima 音
[ヤク] 妊娠中の雌
文字通りには「仔ヤクの母」。
རྩེབས་འབྲི།
rtsebs 'bri
ᶳtsemⁿɖə
出産予定の雌ヤク
ཁྲིད་མ།
khrid ma
cʰəlma 音
[ヤク] 0-1歳の仔畜の母
文字通りには「子連れの母」。妊娠中の雌ヤクはབེའུ་མ།
ཡར་མ།
yar ma
jarma 音
[ヤク] 1-2歳の仔畜の母
ཧར་རྡ།
har rda
harʳda 音
[ヤク] 2-3歳で出産した母畜
この年齢で出産するのはまれで5%程度である。
ཐུལ་མ་ལག་ཡར།
thul ma lag yar
tʰuma laɡjar 音
[ヤク] 自分の仔が死んだ後に乳を出す未成熟な雌
འབྲི་ལག་ཡར།
'bri lag yar
ⁿɖə laɡjar 音
[ヤク] 自分の仔が死んだが乳を出す雌
སྐམ་པ།1
skam pa
ᶳkampa 音
[ヤク] その年に仔を産まなかった雌