東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

搾乳と乳加工 > 搾乳 > 搾乳のための乳母付け
6 entries
チベット語
日本語
解説
འདྲ།1
'dra
ⁿɖa
འདྲ།
'dra
ⁿɖa
母に死なれた仔に別の雌をあてがう; 仔に死なれた雌を別の仔畜にあてがう
文字通りには「似ている」。
འདྲ།2
'dra
ⁿɖa 音
母に死なれた仔に別の雌をあてがうこと; 仔に死なれた雌を別の仔畜にあてがうこと
འདྲ་བྱེད།
'dra byed
ⁿɖa jel 音
འདྲ་བྱས།
'dra byas
ⁿɖa ji 音
母に死なれた仔に別の雌をあてがう; 仔に死なれた雌を別の仔畜にあてがう
འདྲ་བེའུ།
'dra be'u
ⁿɖawi
[ヤク] 母に死なれた仔畜
འདྲ་ཆ།
'dra cha
ⁿɖatɕʰa 音
一頭の雌ヤクが自分の仔以外に母に死なれた仔にも乳を与えている状態
あてがわれた雌は二頭の仔畜に乳を与えることになる。འདྲ།1参照。
འདྲ་ཡས།
'dra yas
ⁿɖaji 音
一頭の仔畜が自分の母以外に仔に死なれた雌からも乳をもらっている状態
自分の母の乳と仔を失った別の母の乳を両方飲むことになる。羊の場合、仔を失った母の催乳時には乳を飲ませる仔畜に死んだ仔の皮をかぶせて行うことが多い。羊は冬に生まれ、死ぬ仔が多いので、仔をあてがう仕事が多い。