東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

植物と動物 > 鳥類 > 猛禽類
14 entries
チベット語
日本語
解説
གླག
glag
ᵞlaɡ 音
ワシ
タカ目タカ科の鳥。主に仔羊やウサギを狙って食べる。雄は ཕོ་གླག、雌は མོ་གླག、仔は ནེའུ་གླག と言う。家畜に被害があるため殺処分する。その場合、爪と頭を取ってテントの入口内側のロープにつけて魔除け སྒོ་སྲུང་། とする。
ཕོ་གླག
pho glag
hoᵞlaɡ 音
ワシの雄
མོ་གླག
mo glag
moᵞlaɡ 音
ワシの雌
ནེའུ་གླག
ne'u glag
niᵞlaɡ 音
ワシの仔
གོ་བོ།
go bo
ku 音
ヒゲワシ
最も大きい猛禽類。鳥葬の際に飛来する鳥で、遺体の大きい塊も食べることができる。大きくて食べにくい塊は咥えたまま飛び立ち、石の多い河原に落として砕いてから食べるところが目撃されている。
གོ་དཀར་མགོ།
go dkar mgo
ku karⁿɡo 音
白頭ヒゲワシ
རྒོད།
rgod
ʳɡol 音
ハゲワシ, 禿鷲
タカ目タカ科。肉類は何でも食べる。仔ヤクや羊の死体を食べる他、鳥葬の際の遺体も食べる。死肉にありつくため、狩りをするオオカミの上空を旋回することが多い。この鳥が飛翔しているところの地表には、たいていオオカミがいると考えられている。
རྒོད་དཀར།
rgod dkar
ʳɡolkar 音
白ハゲワシ
རྒོད་ནག
rgod nag
ʳɡolnaɡ 音
黒ハゲワシ
རྒོད་ཐང་དཀར།
rgod thang dkar
ʳɡol tʰaŋkar 音
白頭ハゲワシ