東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

糞 > ヤクの糞 > 湿糞の様々な名称
13 entries
チベット語
日本語
解説
ལྕི་བ།
lci ba
ˣtɕe 音
ヤク糞
湿った状態のものを指す。
ལྕི་རློན།
lci rlon
ˣtɕeᵞlon 音
排泄したばかりのヤク糞
冬の寒い時期は雪が降らない限り、排泄したばかりのまだ温かく柔らかい状態の糞を加工する。一年に使われる燃料の多くは冬に加工される。夏と比べて冬は乾燥していることと、搾乳量が少ないため乳製品加工の仕事も減り、糞の加工に時間がかけられるためである。
འགྲོ་ལྕི།
'gro lci
ⁿɟoˣtɕe 音
ヤクが出掛けに排泄した糞
放牧に出かける前に糞を排泄することがあるが、それはまだ温かく、冬の寒い朝などに加工するのに楽である。
ལྕི་འགྱོག
lci 'gyog
ˣtɕəⁿɟoɡ 音
水分の多いヤク糞
རྙང་འཆོལ།
rnyang 'chol
ᵞȵaŋtɕʰu 音
下痢状の糞
སྔོ་ལྕི།
sngo lci
ŋ̊orˣtɕe 音
春夏の新芽を食べて排泄された湿ったヤク糞
ནག་རུག
nag rug
naɡrəɡ 音
冬の終わりや春の始めに土や枯れ草などを舐めて排泄した糞
ཚད་འབུ།
tshad 'bu
tsʰalⁿbə 音
生まれたばかりの仔畜の糞
ヤク、羊の糞の他、人間の子供の便も指す。
སྤྲི་རྟུག
spri rtug
ᶲʈəᶳtəɡ 音
初乳を飲んだヤクの仔畜が排泄した黄色い糞
འོ་རྟུག
'o rtug
ʔoᶳtəɡ 音
初乳を終えて草を食べ始めるまでのヤクの仔畜の糞