東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

食文化 > 食べ物・料理 > 乳製品料理
22 entries
チベット語
日本語
解説
འོ་ཁུ།
'o khu
ʔokʰo 音
ミルクを使った汁気の多い料理の総称, オコ
小さな揚げパンとチーズをホットミルクに入れたものや、小麦粉でとろみをつけたミルクシチュー、トマ芋とツァンパをホットミルクに入れたもの、ミルクスープ麺、ミルク粥などを指す。文字通りには「ミルク・スープ」。
འོ་སྣ།
'o sna
ʔorn̥a 音
多量の生乳をドロドロになるまで加熱したもの
病人の体力回復をはかる目的で作る。
འོ་ཐུག
'o thug
ʔotʰəɡ 音
ミルク麺
ミルクに水を加え、塩だけで味付けした汁で麺を煮たもの。
འོ་འགྱོག
'o 'gyog
ʔoⁿɟoɡ 音
ツァンパ入りミルク
ミルクに少量の麦こがしを混ぜたもの。ミルクは温めたものでも冷たいままでも良い。類例として麦こがしを入れたバターミルク དར་འགྱོག がある。
འོ་བརྫིས།
'o brdzis
ʔoʳdzi
(ツァンパを)ミルクだけで練ること; ミルクだけで練ったツァンパ
ミルクで練る場合はお茶もバターもチーズも加えない。かつて貧しくてお茶やバター、チーズがない時にこのようにして麦こがしを食べる習慣があった。
འོ་ཡོས།
'o yos
ʔoji 音
煎り麦のミルク和え
སྤྲི་ཇ།
spri ja
ᶲʈətɕa 音
初乳を使ったお茶
སྤྲི་གོར།
spri gor
ᶲʈəkor 音
初乳で作るパン
塩のみで味付けをする。色は黄色っぽい仕上がりで、非常に美味なパン。
སྤྲི་བསྲེག
spri bsreg
ᶲʈəʂaɡ 音
初乳焼き
初乳を焼いたもので、卵焼きのように黄色い色に仕上がる。今はあまり食べない。
ཞོ་ཡོས།
zho yos
ɕoji 音
煎り麦のヨーグルト和え