東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
EN
བོད་ཀྱི་འབྲོག་ལས་རིག་གནས་ཚིག་མཛོད།

チベット牧畜文化辞典

Dictionary of Tibetan Pastoralism

分類メニュー

食肉加工と部位名称 > 肉
10 entries
チベット語
日本語
解説
sha
xa 音
この語で生肉とゆで肉を指す。
ཤ་ཁོག
sha khog
xakʰoɡ 音
枝肉
ཕྱི་ཤ
phyi sha
ᶲɕəxa 音
内臓を取り除いた枝肉全体
内臓を取り出した後の枝肉はその日のうちに食べずに吊るしておく。ཤ་ཁོགが主に枝肉の数を数えるのに用いるのに対し、ཕྱི་ཤは枝肉そのものを指すのに用いられる。
ནང་ཤ
nang sha
naŋxa 音
(解体の際に)内臓を取り出した箇所に残った肉
ནང་བཞག
nang bzhag
naŋᵝʑaɡ 音
(解体の際に)内臓を取り出した箇所に残った肉
内臓を取り出した後に残っている肉は掻き出して調理に用いる。ནང་ཤ に同じ。
ཉིན་ཤ
nyin sha
ȵənxa 音
屠畜解体した当日の肉や内臓
仏教的な観点から当日の肉は食べない方が良いとされている。
ཆུ་ཤ།
chu sha
tɕʰəxa 音
雨が降った翌日に屠畜した肉
雨が降り続くと家畜にストレスがかかって肉がまずくなるとされる。雨の翌日の屠畜自体を避けることも多い。文字通りには「水の肉」。
དགུན་ཤ
dgun sha
ʳɡənxa 音
冬が到来する前に屠畜する保存肉
冬から春にかけて食べるために冷凍保存しておく肉。屠畜・解体後に外気にさらして凍らせた肉と内臓はヤク糞で作った貯蔵庫 ལྕི་སྒམ།に入れて保存しておく。内臓は処理して生のまま冷凍保存する。
ཨུའུ་ཆུ།
u'u chu
ʔutɕʰə 音
(テントの中で常温保存する)肉
解体した肉は二つに分け、一方は糞で作った貯蔵庫ལྕི་སྒམ།に冷凍保存して冬の間食べる。一方は皮に包んでテントの保存袋の列に並べておき、春になったら開けて夏までに食べ切る。腐りそうになったら干し肉ཤ་སྐམ།にする。
ཤ་ཝ་ཏུ།
sha wa tu
xa ʁatə 音
凍った肉