東京外国語大学 AA研 チベット牧畜文化辞典編纂チーム 運営
 

འབྲོག་པའི་པོ་ཏི།

チベット牧畜文化ポータル

NEWS

  • 2020-03-30 : 「チベット牧畜文化ポータル」を開設しました。
  • 2020-03-30 : iOS版チベット牧畜文化辞典(v1.2.0)をリリースしました。

最近の投稿コラム

  • 2020-03-22UP カテゴリー / 食肉加工と部位名称
    牧畜民の二大食品といえば乳製品と肉。それぞれ「白い食べ物」、「赤い食べ物」と呼んで区別します。「赤い食べ物」である肉をチベットの人たちはどのように扱っているのでしょうか。ここでは肉の部位名称を中心にご紹介します。
  • 2020-03-22UP カテゴリー / 搾乳と乳加工
    技術革新により、伝統文化の喪失と新規文化の創出がおこります。チベットとて同様で、クリーム・セパレーターの導入で乳加工は大きく変わりました。アムド地方の牧畜民の乳加工を事例に、その技術の変貌の様子を紹介しましょう。
  • 2020-03-22UP カテゴリー / 搾乳と乳加工
    ヤクに生活の多くを依存して生活するチベットの牧畜民。農作物を栽培できない天空の高地ゆえ、家畜からの生産物、特に乳製品は彼らの生活にとって不可欠な食材です。アムド地方の草原に暮らす牧畜民はどのように乳加工をおこなっているのでしょうか。
  • 2019-12-28UP カテゴリー / 地形・天候・天体
    牧畜に携わる人々は日々山で放牧をしているため、山の地形に関する語彙がたくさんあります。ここではその代表的なものを見ていきましょう。

チベット牧畜文化ポータル カテゴリー

宿営地は牧畜民の生活の拠点。テントや家畜囲いなどからなる宿営地の周りには、日中に家畜が草を喰む放牧地...
伝統的な牧畜では、人々はいくつかの宿営地を転々としながら、囲いのない自然の草地で家畜を放牧しながら生...
牧畜民家庭が飼養する家畜は少なくとも数十頭、多い場合には数百頭に達します。それゆえに家畜管理は群れ単...
牧畜における家畜管理は基本的に群れ単位でおこなわれていますが、放牧中にいなくなった個体を探す場合や屠...
家畜からミルクを得る搾乳という技術と、そのミルクを保存して利用するための乳加工という技術が揃うことで...
家畜の屠畜は、一般的には家畜が最も肥え太った晩秋におこなわれます。屠畜後にはすぐに解体し、寒冷期は寒...
屠畜・解体を通じて肉や内蔵は細かく分けられますが、牧畜民はそれらの部位をさまざまな名称で呼び分けてい...
樹木が少ないチベットの多くの地域では、乾燥させた家畜糞を燃料として使います。家畜の糞を拾い集め、広げ...
家畜の毛や皮は牧畜民にとって非常に重要な資源です。ヤクの毛を撚り合わせて糸を作り、その糸を織った布地...
牧畜生活のみで得られる食材は乳や乳製品、肉や内臓などに限られます。アムド地方の牧畜民は、限られた食材...
かつて、牧畜民の衣服は家畜から得られる毛や皮革から作られていました。しかし現在は見た目は牧畜民らしい...
チベット・アムド地方の牧畜民の生活は、ヤクの毛を使って作られた黒テントを中心として繰り広げられてきま...
日本の七五三のような子供の成長を願う成長儀礼がチベットにもあります。そして、人生の中で重要な意味をも...
「牧畜民の宗教文化」の説明...